H26年5月18日(日)岐阜清流マラソン

第4回 高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンに出場してきました。
2回目から参加しているので、今年で3度目の出場になります。
今回、ぼくにとって予想外だったのはA区間からのスタートで、スタートから序盤から7km過ぎの川原町界隈位まで周りの選手のペースに飲まれハイペースになってしまい、堤防道路に入る9kmからはほぼ日陰も無くなり、強い日差しと25℃位まで上がった気温で体力を消耗し、一気にペースダウン。
給水所毎にしっかり水分補給等していましたが、最後の関門(17.3km)を越えた辺りで両膝がつってしまい、痛みを堪えながら脚を進めたが、20kmの看板直前でふくらはぎまでつってしまい、その場で止まって動けなくなる。
どうにか脚を伸ばして動ける様になり、止まりそうな速さでゴールの長良川競技場に入り、ゲストランナーの野口みずき選手にヌデレバ選手、大会長の高橋尚子さんに迎えられゴールしました。
タイムも目標としていた2時間、さらには昨年のタイムに及ばず、2時間24分というタイムでした。
今年は過去2年に比べてコンディションは悪くなかったのですが、暑さとまだまだ練習が足りないなぁ、というのを痛感しました。
ボロボロだったとはいえ、心肺機能は例年よりも少し余裕があったのたので、それに関しては収穫だったと思います。
また来年も勝負したいと思います。
 
報告者:ecck

 

H26年5月18日(日)野辺山100kmマラソン

今年二回目のウルトラマラソン、野辺山の100キロに出場しました!

今回で4回目の出場になりましたが、初回は98キロで時間オーバにより失格、2回目は59キロでリタイア、前回は締め切り3分前の完走とタフなレースの難しさが、伝わってきます!

今回は、目標を高めて13時間切れることを目標に設定しました!スターターは、安藤美姫さんで微妙に盛り上がっていました!

天気は良かったですが、スタート時は寒かったです!5時に予定通りにスタート、最初の10キロは1時間6分といいペースで通過しました!

その後、林道コースに入り上り坂が中心でしたが、キロ6分代のペースを維持出来、20キロも2時間10分代と今までの中でハイペース、突っ込み過ぎかなっと思いながらも緩めことはなかったです!

20キロから下り坂が中心になり、途中から小刻みにアップダウンが続きます!この間の10キロのペースは、1時間3分とかなり上がってしまったので、その後少しペースを落とし、リカバリーするような感じでペースを維持しました!

35キロのエイドでオレンジやバナナや補給食等で10分程度リセットしました!その後のきつい上り坂もなんなく走れ、38キロ位から50キロまでは長い下り坂になります!

40キロを4時間24分と好調でした!トレランで調整したおかげもあり、苦手だった下り坂は周りのランナーに抜かされなくなりました!

中間の50キロの通過は、5時間25分と確実に力ついた感じにもなりました!

10分程度でエイドを済ませ、59キロの休憩所まで長い上り坂が続き、更に暑さが加わって走りにくいコンディションになってきました!

59キロの休憩所で着替えをして、荷物を入れ替えて気持ち横になったら、あっという間に30分近く経ってしまった!

60キロの通過は、7時間で前回より1時間タイムアップしていました!その先の厳しい上り坂に備え、サプリをとりました!

66キロ位から79キロまで上り坂が続きます!途中の71キロで蕎麦を食べて、ファインテンのセルフ用のブースでリラックスジェルを塗り、10分位で出発しました!

74キロから馬越峠の厳しい上り坂越え、80キロから下り坂へと肉体に応えるようなコースが続きます!

70キロからの10キロ間は、1時間24分と何とか踏ん張れました!今まではその後の下り坂で太股がボロボロになるケースでしたが、ダメージも少なく普通に走って行きました!

87キロのエイドでうどんを2杯頂き、15分程度休憩しました!

その後の90キロを11時間前半で通過し、ベスト更新は厳しくなり、12時間30分切れるように頑張ろうと思いました!

90キロから97キロまで殆んどが上り坂でここが、一番厳しい山となる!ここまで粘れた足もとうとう力尽き、歩いたり走ったりの繰り返しになった!中々進まない中、97キロでゴールのアナウンスの声が響き、足が復活してきました!

ゴールに近くづくにつれ、沿道から応援する人たちが増え、元気を頂きその勢いのままゴールへと向かいました!

結果、12時間31分57秒で完走を果たすことが出来ました!前回より、1時間26分も短縮出来、かなりレベルアップした充実感で満足しました!

報告者 おつ

H26年5月4日(日)佐久鯉マラソン

 

5月の連休に、家族で出かけようということになり、その条件が「温泉・マラソン大会・おいしい地元の食事と地酒」でした。ネットで検索して、ヒットしたのが「佐久鯉マラソン」。長野県佐久地方は、ちょうど桜もまだ見られ、いたるところで芝桜がとてもきれいでした。連休の大渋滞で、宿に着くのが遅くなり、テスト前の一夜漬けならぬ、前日のランニングは、街燈がない暗い畑の中の5kmの一本道。なだらかな往路は下り坂、復路はもちろん上り坂・・・・・・・。もちろん、練習の後は、のんびり?温泉。

 

  佐久鯉マラソンは、ローカルな大会で、参加者も300人くらいと少な目。ただ、佐久長聖高校の地元だけあって、レベルは高いという下馬評でした。

 

 会場の駒場陸上競技場では、小学校3年生までの親子2km、4年~6年の2km、中学生の5km、18才以上の10kmのレースが、午前9時から15分ごとにスタートしていきました。いよいよ、10時45分に10kmの部がスタート。アッという間に、どんどん抜かれ、焦りました。競技場を2周した後、外周へ。前日の練習コース同様、なだらかなアップダウンの繰り返しの道のりでした。 1kmごとの距離表示なし、交通規制なし(一応ランナー優先?)何とか「のどかな田舎道」を完走することができました。タイムは、54分3秒、40歳以上女子の部で、17位でした。あと5分早ければ6位入賞・・・・残念!

 

 ランニングの後は、三つ目の条件の、おいしい地元の食事と地酒。佐久と言えば、「鯉料理」地元の割烹料理屋で、鯉のあらい、鯉こく、鯉のうま煮など、鯉三昧を堪能しました。地酒は、次回にお預けです。

 

  ※6年生男子2kmの部の1位は、6分22秒。その他の2kmの部の1位も7分台ですよ、恐るべし!

 

報告者 あきこ姫

遠征時のグルメも旅ランだからこそですね。走ったあとはおいしいものを食べましょう

アクセスカウンター



 

 

2017年8月の練習スケジュールをアップしました!

8月の練習会スケジュールはこちら

 

2017.3月開催の練馬こぶしハーフマラソンに協賛しました

(大会プログラムに掲載)

月間ランナーズ2016年3月号に掲載されました

リフィート 脚痩せ
大正製薬

犬飼コーチ、待望の本出版

今回、電子書籍ではありますが本を出版いたしました。この本の内容ですが、私が中学から陸上競技を始め、高校、大学、そして社会人となり、時間が制限されている中、走り続け結果を残すにはどうすればいいのか。強豪校で学んだ経験を中心に書いてあります。トレーニングは皆さんにもわかりやすい基本的な内容ですので読みやすいと思います。処女作でちょっと恥ずかしいですがよろしくお願いします。
犬飼 裕樹
 購入はこちら

  スマラン夏合宿の様子はこちらです

 

☆大泉スマイルランナーズは、地域に密着した社会貢献活動を実施するため練馬区環境美化推進団体として登録しています。

 
 
この環境美化推進団体とは、練馬区内のどこかを年二回以上、清掃することを条件に、清掃道具等を支給してもらえる制度です。
 
これを受け、スマイルランナーズでは年二回、普段練習で使用している、石神井公園や光が丘公園を中心に、お掃除をしていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 
H28年度実施予定
7月10日(日)場所:石神井公園
報告はこちら
H29年2月4日(土)場所:石神井公園
報告はこちら